【空間情報分析実習】 [学部2年生対象]

環境設計のために必要となる地理空間情報に関する基礎的知識の習得,地理空間データを用いた地域分析の歴史や利活用に関する理解,地理情報システム(GIS),リモートセンシング,GPS等の操作技術の習得を目的とした講義および実習を行う授業です.

▶<第1回>ガイダンス ▶<第2回>地理空間情報の基本知識

▶<第3回>GISソフトのインストールとデータのダウンロード ▶<第4回>地理空間情報の理解と利用 ▶<第5回>GISの操作(1) ▶<第6回>GISの操作(2) ▶<第7回>GISの操作(3) ▶<第8回>地理空間データの作成 ▶<第9回>社会環境と地理空間情報 ▶<第10回>自然環境と地理空間情報 ▶<第11回>野外GPSと地理空間情報 ▶<第12回>地理空間情報に係る法律や制度 ▶<第13回>土地利用・景観データベース作成(1) ▶<第14回>土地利用・景観データベース作成(2) ▶<第15回>課題レポート発表会

Recent Posts

See All

『景観(ランドスケープ)』をキーワードに、都市域から農村域まで様々な場における景観の構造・機能・変化過程について学ぶ授業です。景観にまつわる時事問題なども取り上げ、身の回りの生活や社会の中で、景観がどのように関わっているのかを理解していきます。 ガイダンス ランドスケープの全体像をどう捉えるか 都市における景観の構造 事例を元にしたコーポラティブラーニング(1) 事例を元にしたコーホ