【育てる。食べる。藤田研にはシェフがいます】

藤田研究室の研究課題『農体験のリデザイン』では農業体験農園の可能性を高く評価し研究を進めています。かなたけの里公園内の体験農園に研究用区画があり、ゼミ生全員で管理を行っています。間引きした野菜も含め、収穫した全ての野菜の重さと長さを計測しています。 採った野菜は余すところ無く美味しく頂きたい!ということで、学生達自らが手作り料理を作り、ゼミなどで披露されます。 初代・坂根シェフはひとつの食材を何パターンもの料理にしてしまう素晴らしい腕の持ち主。凝ったお料理もお手のもの。 そして2016年就任の二代目・土田シェフはオシャレかつ自分でも作ってみたくなるような料理が得意。土田シェフ、サービス精神に溢れており、レシピを公開しはじめました。目指せクックパッド。 更には農園リーダーの馬君は間引き野菜で浅漬けを漬けました。女子力高し。

藤田研究室の体験農園お料理報告、こちらからどうぞ!

Recent Posts

See All

こんにちは。M2の馬です。  今年の景観生態学会で名古屋に行きました。  9月23日から25日に三つの学会合同開催したELR2017(景観生態学会、日本緑化工学会、応用生態工学会)に参加しました。  今年から室住団地の未利用地は自分の研究対象地になりました。未利用地駐車場は農園として開発することにしました。それに対して、自分の研究はワークショップの手段を用いて、室住団地の体験農園の形を検討し