こども食堂「わかばガーデン」

お久しぶりです、三輪です。

まだまだ暑い日が続いていますが

みなさんどのような夏をお過ごしでしょうか。

さて、タイトルにありますが、

8/3に香椎若葉団地で、こども食堂「わかばガーデン」が開催されました。

UR都市機構さんと福岡女子大学のみなさん主催です。

団地住民の方が食についてどのように考えているかを知るきっかけとするとともに、

住民同士の交流が生まれ、団地内のコミュニティ活性化の一助となるように

という背景の下での活動です。


1

団地の公民館でやっていて、子供たちが自由に参加できます。

私たちは活動を見学させて頂きました。


2

午前中は公民館の一室でみんな夏休みの宿題をしてました。

家だとやらないですもんね~

学生の皆さんが教えてあげていました。

私もちょこっとお手伝いしました(^^)


3

お昼ご飯は焼きそばです!

家に帰っても自分で作れるようにレシピが配られ、

女子大の方が子供たちの前で実践します。


4

こどもたち、早く食べたくてしょうがない様子。

「野菜ちゃんと焼けてなくてもいいから早くちょうだい~」なんて声も。(笑)


5

完成です!みんなでいただきます!

おかわり続出で大盛況。みんなおいしそうに食べてました。


7

こどもたちが焼きそばに夢中の間、

別室では福岡女子大学公衆衛生学研究室による栄養相談会が開かれていました。

こどもだけでなく親御さんたちのための内容もあるのですね。


8

お昼ごはんが終わると、バスボム(入浴剤)作りが行われました。

重層とクエン酸と片栗粉などを混ぜて作るらしいです。

これはやはり女の子に人気のようでした。

このほかにも、TSUTAYAによる古本図書館や健康診断ブースなど、

大人もこどもも参加できる楽しくて役に立つ企画がたくさんでした!


9

心ばかりのお土産を差し入れさせてもらい、


10

最後にはありがたいことに焼きそばをいただいちゃいました。

とてもおいしかったです!

今後もこのような活動は続けていくようです。

私が子どものころ住んでいた団地でもこんな活動があったら

絶対参加しただろうな~

と思うくらい楽しそうで素晴らしい活動でした。

今後が楽しみですね!