そういうパイオニア的考え方はちょっと・・

先日、都甲研究室の方々と合同飲み会をいたしました。

前回の包清研究室と飲み会に続き、2回目の合同飲み会であります。

結論としては、やはりまたしても狂った飲み会でありました。

この不詳・能冨、不覚にも酒に呑まれ

聞くところによるとパンツ一丁で都甲先生の目の前で踊り狂っていたとか。

迂闊にして不覚、

さすればこの能冨、腹をかっさばいて詫びを入れたいところですが、

まあ終わったことはやむなし。

どーもすんませんでした。

薄れゆく意識のなかで、

都甲先生がその私のパンツ一丁の狂気の乱舞を

昨今人気のプロジェクター付きデジカメで撮って映してキャっきゃしていたのは

気のせいでしょう。うんうん。

議題にあがったのは

都甲先生はなかなかの野球好きで、人員的に不足のある都甲研と藤田研で野球連合軍を結成し、ほかの研究室をぶっ潰すという話で盛り上がりました。

ことのきっかけは、1か月くらい前。

鵜飼研究室と田上研究室が対抗で、あたかも面白そうにドヤ顔で野球大会をしておりまして、

然ればプレイヤーの全員が

ドヤ?おまえら?


といわんばかりに楽しそうにプレーしておったわけです。

その姿が、それはもうすんごい楽しそうで、

私は思いました。

(マジこいつら死ねマジこいつら死ねマジこいつら死ねーー

ーーてゆうかおれも野球やりてーー!!!)

ーーと。

そこで都甲先生と意気投合し、

都甲先生「じゃああいつらぶっ潰そうぜ!!ちょっと鵜飼先生に電話するわ!つーか呼ぼうぜ!」


この行動の速さ。

というわけで、今から野球の練習します。

この鳥栖の掛布と呼ばれた能冨様の力、存分に見せてくれようぞ。