オリジナルマップづくり!

こんばんは。環境設計学科2年の中島です。

 昨日、2年生の講義に北九州市総務企画局情報政策課の塩田淳さんを招いて、G-mottyについての紹介と、実際にそれを利用してのワークショップがありました。

G-mottyとは簡単に説明すると、GISを利用し地域色の濃い情報を詰め込んだ、地域の魅力を発信する新しいメディアです。

ここでタイトルに触れるのですが、ワークショップとして実際に学生たちでオリジナルマップをつくりました。

f:id:fujital:20151027131634j:plain

大橋キャンパス近隣のおいしい料理店を記した地図を作りました。皆の情報を地図で共有することで、知らないおいしいお店がたくさん発見されました。

次に、どんな地図があったら外国人観光客にとって便利か?という問いを塩田さんからだされて、グループに分かれて考えました。

f:id:fujital:20151027135257j:plain

いろいろな意見が出ました・・・

海鮮を楽しむマップ、夜遊びならここマップ、野良猫出現スポットマップなどなど。

f:id:fujital:20151027141333j:plain

各グループごとに発表した後に、塩田さんが写真を撮って「今後の参考にします!」と言ってくれました。

果たして、野良猫マップなどが実現するのか、という話はともかくこうして自分たちの提案や行動によって簡単に地図作りができ、それをすべての人で共有できるシステムというのはとても魅力的でした。

G-mottyでのオリジナルマップづくりは誰でも参加できます。また、参加する人が多いほどマップの魅力も増していきます。

ぜひぜひ、友達とでも、自分独自でもマップをつくっていきましょう!