ドローン講習会を行いました!

こんにちは。M2の板垣です。 今日は大学のグラウンドにてドローンの操作方法を教えてもらいました。 朝廣研究室のM1の大久保君より教えてもらいました。 大久保君はドローンや飛行機などが好きで、以前から何度もドローンを飛ばしています。藤田研全員が飛ばせるようになるためにも、講習会を開いてもらいました。

備忘録として一連の流れを記録します。 1. まずコントローラーの方の左側の電源ボタンを長押しします。

kimg0013

2.ドローンの方の電源を長押しして電源を入れます。

kimg0014

3.iPadのDJIのアプリを起動します。

kimg0015

4.ドローンのコントローラーとiPadを端子で繋げます。

kimg0017

5.ドローンのコントローラーとiPadを固定します。

kimg0019

kimg0020
kimg0022

6.「カメラビューに入ります」をタッチします。

kimg0023

7.「コンパスの校正」をします。

kimg0024
kimg0025

8.コンパス校正のため、機体を持って360度回転させて、調整します。

kimg0026
kimg0027

9.いよいよ飛行です。周囲に障害物がない場所にドローンを置きます。

kimg0029

10.オレンジの矢印の方向にコントローラーを持っていくと、羽が回りだします。

kimg0035_2

(ちなみに、自動飛行ボタンを押すと、コントローラーを上下しなくても、自動的に飛行開始できます。)

kimg0033

11.動画を取ったり、真下の様子なども撮れたりします。

kimg0037

12.飛行を終えるときは、自動で戻ってくるボタンを押すか、コントローラーで操作して下へ降ろします。

以上一連の流れはこのような感じです。思った以上に難しくなかったです。 ただ、飛ばす際は周囲に気を配りながら、事故等ないように気を付けましょう。

大久保君、ありがとうございました!

最後にぽるぽるとドローン。

kimg0041

それでは。

Recent Posts

See All

D2の小林です。景観生態学会に引き続きGIS学会(地理情報システム学会)の大会についてです。今年度もGIS学会に参加します。10月27日(金)から29日(日)の日程で、せんだいメディアテーク、宮城大学で開催されます。  藤田研の学生メンバーも以下のテーマで研究発表をします(ポスター発表)。 B4枝尾「熊本地震被災地における復興計画がもたらす景観変化に関する研究」 B4倉田「GISを活用した共