九大発「産学官」交流促進シーズ発表会が実施されました

2016/2/9(火) 九大発「産学官」交流促進シーズ発表会が実施されました.


sangakukan1

(HPより)九州大学と地方自治体、企業との共同研究、産学官連携をより一層活発にするために、九州大学の研究シーズ発表会を開催します。地方創生事業の企画・立案のきっかけをお探しの地方自治体の皆様、産官学での連携事業をお考えの企業の皆様、その他興味、関心をお持ちの方、どなたでも参加できます。   九大研究者が一堂に会して、交流できる大変貴重な機会となっておりますので、ぜひご参加ください。皆さまのご来場お待ちしております。


sangakukan2
sangakukan3

▶九州大学 学術研究・産学官連携本部 「九大発 産・学・官-交流促進シーズ発表会-」

CCRCに関する話題の講演依頼を受け,講演させて頂きました.

講演要旨「地域包括ケアを実現する高齢者健康コミュニティ(日本版CCRC)」 芸術工学研究院・藤田直子准教授

  1. CCRCとは高齢者コミュニティの形態のひとつであり,「高齢者が移り住み,健康時から介護・医療が必要となる時期まで継続的なケアを受けながら生活する共同体」として主に米国で発展・普及してきました.我が国では,「まち・ひと・しごと創生総合戦略」において日本版CCRCの検討が始まり,昨年8月には「生涯活躍のまち」という名称が定められましたが,その内容は高齢者の移住促進策としての意味合いが強調されつつあります.本講演では,CCRCや地域包括ケアの本質的な意義を共有するとともに,国の目論見やそれを受けた自治体や企業の動きを紹介します.更に,研究シーズとして,当研究室が取り組んでいるCCRCに関連する研究成果を,「空き家」「農業体験農園」「ツーリズム」などのキーワードを挙げて紹介します.

「もっと地域へ,もっと地域から-これからの観光戦略」 統合新領学府・坂口光一教授


image

「オープンデータの整備と官民の活用方法」共進化社会システム創生拠点・高野茂准教授

「数学を用いた社会問題の解決方法」マス・フォア・インダストリ研究所・吉良知文准教授


image

「天然素材の多機能性に着目した新商品開発~機能性食品・化粧品・アロマ・快適住空間~」農学研究院・清水邦義准教授


image

大学と自治体や企業をつなぐきっかけとなれば幸いです.

藤田

Recent Posts

See All

こんにちは。M2の馬です。  今年の景観生態学会で名古屋に行きました。  9月23日から25日に三つの学会合同開催したELR2017(景観生態学会、日本緑化工学会、応用生態工学会)に参加しました。  今年から室住団地の未利用地は自分の研究対象地になりました。未利用地駐車場は農園として開発することにしました。それに対して、自分の研究はワークショップの手段を用いて、室住団地の体験農園の形を検討し