卒論中間発表TA

6月末に4年生の卒論中間発表があり、TAをさせていただきました。環境設計学科の4年生は4月に研究室配属、卒論提出が12月頭ということで、かなりタイトなスケジュールになっています。中間発表も研究室配属のわずか2ヶ月後ということで、大変なわけです。

普段他の研究室の学生の研究内容に触れる機会はなかなかないので、とても興味深く発表を聞きました、環境設計学科は様々な分野の先生がいるので、研究室の研究テーマもバラエティに富んでいます。分野はランドスケープ系はもちろん、建築史から哲学にまで至っています。

藤田研の中間発表のグループは、発表5分、質疑応答10分の計15分でした。質疑応答の時間が長めでしたが、藤田研の4年生3人はしっかりした準備をしていたので、先生方からの質疑にも全く臆せずしっかりと回答していました。さすがです!

f:id:fujital:20150626133959j:plain
f:id:fujital:20150626135620j:plain
f:id:fujital:20150626141236j:plain

夏休み明けには修論の中間発表もあります。自分の研究の内容や意義をどれだけしっかりと簡潔に伝えることができるか、私にとってもとても勉強になる中間発表でした。

Recent Posts

See All

こんにちは、D3の小林です。毎年度4月のはじめに参加している都市計画学会九州支部大会に藤田研のメンバー全員で参加してきました。会場は九州大学西新プラザです。毎年ここで発表すると「また1年が始まるんだな」という気持ちになる大会です。新入生にとっては配属直後の発表ということで大変な部分はありますが、皆積極的に発表しており安心しました。 今回は研究対象地である対馬の中でも下島のさらに南部に対象エリアを限

こんにちは、小林です。 今年度でD3となり、いよいよ最後の一年となりました。論文執筆を始めていますが、正直かなり焦りはあります。これまで調査研究してきたことやその過程で収集したデータを価値あるものとして示すためにも、ここからが一番重要な時期です。集中して執筆を進めていきます。ゼミの中でも議論になることですが、「書くこと=研究すること」なのだと改めて実感しているところです。 研究室には学部、修士、博