地理情報システム(GIS)学会

 こんにちは、D2の小林です。  10月28日から29日にかけて、宮城大学大和キャンパスで開催された地理情報システム(GIS)学会に参加してきました。藤田研メンバーは全員ポスター発表を行いました。藤田研はGISを自由に使用できる環境にあるのですが、そのありがたい環境にも関わらず、、、なかなか操作が難しい、、、そのためつい技術の習得が先延ばしになりがちで反省しているところです。しかしGIS学会で鮮やかな地図表示、驚くような分析視点を見るとやっぱり面白い! ポスター発表の場で色々な方と意見交換をする中で改めて感じたことは、GISで(あるいは地図で)こういうことを明らかにしたいという視点を持つこと、要は研究の中で地図表示という視覚表現をどう有効に用いるかという視点を持つことの重要性でした、もっと研鑽を積みます!対馬の倉庫群についてみなさん興味関心を持ってくださいました!このテーマ、ちゃんと掘り進めていきたいと改めて感じました。

 藤田研エクスカーションでは仙台から足を伸ばして石巻と女川を訪ねました。各地の情報発信拠点を周り、現地の皆さんの長期にわたる復興への努力を知ることができました。ごく一部ではありましたが被災地の現場を目の当たりにした今回のエクスカーション。改めて復興を心から願うばかりです。

IMG_9350

Recent Posts

See All

こんにちは、D3の小林です。毎年度4月のはじめに参加している都市計画学会九州支部大会に藤田研のメンバー全員で参加してきました。会場は九州大学西新プラザです。毎年ここで発表すると「また1年が始まるんだな」という気持ちになる大会です。新入生にとっては配属直後の発表ということで大変な部分はありますが、皆積極的に発表しており安心しました。 今回は研究対象地である対馬の中でも下島のさらに南部に対象エリアを限

こんにちは、小林です。 今年度でD3となり、いよいよ最後の一年となりました。論文執筆を始めていますが、正直かなり焦りはあります。これまで調査研究してきたことやその過程で収集したデータを価値あるものとして示すためにも、ここからが一番重要な時期です。集中して執筆を進めていきます。ゼミの中でも議論になることですが、「書くこと=研究すること」なのだと改めて実感しているところです。 研究室には学部、修士、博