天神地区の花壇に関する意識調査

みなさん、お久しぶりです。 つっちーです。

先日、調査が終わりましたので、内容の報告を。

現在、公益財団法人 福岡市緑のまちづくり協会と藤田研究室の共同研究のもと、福岡市、とりわけ都市部である天神地区に焦点を当て、花壇の配置や普段の花壇の認知、それらを通したコミュニケーションから効果的な花壇のあり方を明らかにすることを目的とした研究を行っております。

某日、その調査で街頭アンケートを行いました。


20160824-203012.jpg

天神地区をより緑と花の溢れるまちにするためには、それを天神地区に集まる人たちにアピールするためにはどこに配置すればより目につくのかなどについてお聞きしました。

今回調査の詳細・結果は後日お知らせしますが、とても貴重な意見を多くいただきました。 今後も私たちが天神地区に集うにあたって、今後の計画や運営に寄与し、福岡市を「緑と花の溢れるまち」と認識してもらえるよう務めてまいります。

調査にご協力いただいた皆様、お暑い中お付き合いいただき誠にありがとうございました。

以上です、それでは。

Recent Posts

See All

D2の小林です。景観生態学会に引き続きGIS学会(地理情報システム学会)の大会についてです。今年度もGIS学会に参加します。10月27日(金)から29日(日)の日程で、せんだいメディアテーク、宮城大学で開催されます。  藤田研の学生メンバーも以下のテーマで研究発表をします(ポスター発表)。 B4枝尾「熊本地震被災地における復興計画がもたらす景観変化に関する研究」 B4倉田「GISを活用した共