特別授業 「We Love 天神のまちづくり」

こんにちは。環境設計学科2年の下田です。先日行われました、特別授業「We Love 天神のまちづくり」についての記事を書かせていただきます。この授業では、We Love 天神協議会の小林誠先生、福岡テンジン大学の岩永真一先生のお二人から、天神のまちづくりに関してお話していただきました。

まず、We Love 天神協議会とは、天神地区の企業・団体・住民・行政など多様な活動主体が、共に手を携えるまちづくりを推進し、人に優しく安全で快適な環境の形成、地区の価値・集客力の向上、地方経済の活性化等を目的とした「エリアマネジメント」組織のことです。「歩いて楽しいまち」を目標像とし、季節ごとに様々なイベント催しています。

その中で、現在天神のまちで行われているのが、クリスマスマーケットです。先日私も訪れましたが、ヨーロッパのような雰囲気で、外国人も日本人もたくさんいて、とてもにぎわっていました。ソーセージやホットワインなど、すごく美味しくいただきました!!イルミネーションもとてもきれいでした!

クリスマスマーケットは天神だけでなく、博多でも開催されています。博多と協力し合うことで、天神だけではなく福岡全体を盛り上げていきたいということを小林先生はおっしゃっていました。

つづいて福岡テンジン大学とは、校舎はなく街全体をキャンパスとしていて、街の誰もが生徒、そして先生にもなることができる大学です。老若男女さまざまな人が福岡テンジン大学の活動に参加しており、コミュニケーションの輪を広げているそうです。

私はこのような大学があることを初めて知りましたが、天神のまちを良くしていくことだけでなく、様々な年齢の方々と活動できることが、とてもいいと思いました。ネット上の登録のみで誰でも生徒になれるということなので、ぜひ私も登録してみようと思います!皆さんもぜひ登録して様々なイベントに参加してみてはいかがでしょうか。