研究計画とVR

こんにちは、初めまして!

この度新しく研究室に配属されました、学部3年の「つっちー」こと、土田です!

プロフィールは学生紹介からご覧下さい。

初投稿で緊張していますが、マイペースで楽しく書いていきますね!

まずは少し、自分語りを。

そもそも何でこの研究室に入ったのかというと。


IMG_0169

細かい経緯はいつか書きたいと思っていますが、

「僕たちは何を以って『良い』景観と思っているのだろう」

という問いに興味を持ちました。

日常の中で視覚的に飛び込んでくる光景、何気ない風景や歴史的・著名な建築家がつくった建物…

これらに対して僕たちは色んな印象を持っていることでしょう。

でも、それはどのような要因で「あれはいい/悪いね」って言っているのか。

そして、どのように風景の感覚を共有させているのか。

それを、ランドスケープエコロジーの持つ、様々なスケール・観点から考えていきたいと思いました。

まあでも、それはそれで調べるのも難しいです(笑)。

で、そんなこんなで自分の考えを先生に話したら

「今度、市役所の方が面白いモノ持ってきて話すから、よかったらどうかな」

と言われ、その日また部屋を訪れました。

そこには…ドドン。


IMG_0192

(本当はスクリーン越しで観ましたけど、あまりにもビックリしすぎてカメラ撮るの忘れてました…)

これ、どこか分かりますか。

別角度でドン。


IMG_0193

こ、これは!

天神の風景まんまやないですかい!!!

そうなんです。

この時あったのは、福岡市で活動されている「みどりのまちづくり協会」との話し合い。

景観・街路・花壇の整備に力を入れている団体です。

精力的に活動されているのですが、協会側から

「どこにどのように花壇や植樹をすれば、歩行者や運転者に認識してもらえるのか」

という調査・研究を一緒にやってほしいと

藤田研究室に白羽の矢が立ったのです。

その時のデモンストレーションとして、

上の写真のようなVR(=ヴァーチャル・リアリティー)を見せていただきました。

先生も僕もずっと「ほぉー」とか「へぇ!」の嵐です(笑)

で、何で先生がこれを僕に見せてくれたかというと。

「この受託研究と、土田くんの研究って似てるんじゃない」とおっしゃいました。

なるほど!確かに!


IMG_0194

例えば、こんな感じで地下街からパルコ前に上がってきた感じを見て、どう思うかとか。

走行中や停車中などから運転者や乗っている人は、花壇がどう見えるのか?って

VR技術を使ってこそ理解できる・通じるものがあるように思えます。

技術って本当に進んでますね…!

もっと勉強しなくては!

Recent Posts

See All

こんにちは、小林です。 今年度でD3となり、いよいよ最後の一年となりました。論文執筆を始めていますが、正直かなり焦りはあります。これまで調査研究してきたことやその過程で収集したデータを価値あるものとして示すためにも、ここからが一番重要な時期です。集中して執筆を進めていきます。ゼミの中でも議論になることですが、「書くこと=研究すること」なのだと改めて実感しているところです。 研究室には学部、修士、博