社叢学会へ行ってきました

M1の板垣です。

5月は授業以外はフィールドワーク,森のおみやげ,学会,フィールドワーク,学会など、イベント盛りだくさんな月でした。

5/31は藤田先生と社叢学会を聞きに、再び宗像へ行ってきました。

社叢(しゃそう)とは、神社の森のことです。鎮守の森。鹿児島の森だけの聖地「モイドン」の研究や、東アジアの伝統の森の資料化の話など興味深かったです。

f:id:fujital:20150530040914j:plain

宗像館の方から宗像(沖ノ島)が、古代から東アジアとの交易に重要な場所だったことについて、

三池炭鉱他、近代化遺産の見学から、九州山口の近代化遺産が日本の近代化に一役買ったこと、ここ数週間で勉強して、古代から近代まで、歴史を一挙に網羅した気分になりました。

Recent Posts

See All

D2の小林です。景観生態学会に引き続きGIS学会(地理情報システム学会)の大会についてです。今年度もGIS学会に参加します。10月27日(金)から29日(日)の日程で、せんだいメディアテーク、宮城大学で開催されます。  藤田研の学生メンバーも以下のテーマで研究発表をします(ポスター発表)。 B4枝尾「熊本地震被災地における復興計画がもたらす景観変化に関する研究」 B4倉田「GISを活用した共