藤田研移動はじめました。

なんと藤田研引っ越しします。

というわけで、引っ越し先の4号館2階のお部屋を河野君とみてきました。

その現状をみて愕然としました。

そこには大量の机や棚やごみ。

とてもじゃないが自分たちの荷物を置く場所もない。

もうほぼ手つかずの状態。

そのとき二人は思いました。

「こりゃあ、無理だ。」

もう引っ越しはあきらめるしかないかと思いました。

しかし、われわれ藤田研のもっとー

「どんな逆境でも、歯を食いしばって立ち向かいなさい」

を思い出し、僕たちの目の色は変わりました。

数時間後に横山君も合流し、三人で徹底的に部屋の掃除をし、いらなくなった机や棚はどんどん廃棄場へもっていき、しまいには社交ダンスができるくらいのスペースを確保するまでにいたりました。

やればできる。

やればできるんだ。

僕たちの心の中に、なにか熱く煮えたぎるものを感じました。

ちなみにフィクションです。

Recent Posts

See All

今から卒業旅行その1に行ってきます。 行先は 性懲りもなく またもや パリ(花の都) とオランダとロンドンです どんだけパリに行くのかと。 ここまでパリ好きで、修士の2年間で3回目の渡仏になるわけですから、フランス語もそこそこ話せるのではと思うでしょうが。。。 それがまったく上達していない、むしろ1回目に行った時の方ができていました。 なので今回は、なるべくフランス語を使わなくてもいい感じの旅にな

が なんと つい先日 終わりましたーーーーーー!!!!! もう本当に、僕は今間違いなく人生で最も解放されています この日を迎えるまで、もちろん論文の提出もありましたが、概要の提出や、発表用のパワーポイントの制作、そしてその練習などなど細かいこともたくさんありました。 そして、藤田先生にはそれらのすべてのことに対応していただき、事細かにご指導していただきました。本当に感謝してもしきれないほどです。

提出おわりましたー こんなに真剣にがんばったの久々かもしれません なんか地獄のみさわみたいで言いたくないんですけど 「ここのところ2・3日寝てなくてつれーわー」 って感じです。 いやこんなことならもっと前からがんばっておけばよかったです。 論文自体はなんやかんやで102枚になりました。 こんなに紙を印刷したことはなかったので、なんだか紙とインクがもったいないなと思いました。 内容自体は、提出二日前