歯が痛い

今日のお昼ごろに歯医者に行ってきました。 虫歯が痛くて痛くてしょうがなかったのでもうどうしようもなくて行ってきました。

診断の結果、虫歯は奥の親不知にあることが判明しました。

とりあえずけずって埋めましょうかってことになって先生は器具をとりに奥へと消えていきました。 そして戻ってきた先生は僕に向かって

「まーやっぱり、どうせなんで親不知抜いときましょうか?」

と言ってきました。

急にどうしたんですか先生。さっきは削るって言ったじゃないですか。

ぼくは今まで親不知を抜いたことがありません。 親不知を抜くことに関して、「痛い」「とても痛い」「すごく痛い」「もうとんでもなく痛い」という話しかきいたことがありません。 親不知を抜いて「うれしい」「楽しい」「また抜きたい」なんていう感想はきいたことがありません。

当然抜くのは恐怖でしたが、もう背に腹は代えられないと思い思い切って抜きました。

そして抜き終わって3~4時間がたとうかという今研究室にいますが・・・ とっても痛いです

もうほんとに痛い。いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいい

プリンターに紙が詰まっていて今日のゼミの資料を印刷できないんですけど、もうそんなことどうでもいいくらいに痛い!!!!

痛い!

もうほんと痛い・・・

つい1時間くらい前まで「なーんだ全然痛くないしー。余裕だなー」とか思っていたのが腹立たしいです。

Recent Posts

See All

今から卒業旅行その1に行ってきます。 行先は 性懲りもなく またもや パリ(花の都) とオランダとロンドンです どんだけパリに行くのかと。 ここまでパリ好きで、修士の2年間で3回目の渡仏になるわけですから、フランス語もそこそこ話せるのではと思うでしょうが。。。 それがまったく上達していない、むしろ1回目に行った時の方ができていました。 なので今回は、なるべくフランス語を使わなくてもいい感じの旅にな

が なんと つい先日 終わりましたーーーーーー!!!!! もう本当に、僕は今間違いなく人生で最も解放されています この日を迎えるまで、もちろん論文の提出もありましたが、概要の提出や、発表用のパワーポイントの制作、そしてその練習などなど細かいこともたくさんありました。 そして、藤田先生にはそれらのすべてのことに対応していただき、事細かにご指導していただきました。本当に感謝してもしきれないほどです。

提出おわりましたー こんなに真剣にがんばったの久々かもしれません なんか地獄のみさわみたいで言いたくないんですけど 「ここのところ2・3日寝てなくてつれーわー」 って感じです。 いやこんなことならもっと前からがんばっておけばよかったです。 論文自体はなんやかんやで102枚になりました。 こんなに紙を印刷したことはなかったので、なんだか紙とインクがもったいないなと思いました。 内容自体は、提出二日前