ELR2017大会

 こんにちは、D2の小林です。  毎年藤田研では全国の様々な研究大会に参加し研究成果を発表しています。その一つである景観生態学会の全国大会が近づいてきました。今年度は9月22日(金)から25日(月)にかけて名古屋大学で行われます。今回は景観生態学会単体ではなく、景観生態学会・日本緑化工学会・応用生態工学会の3学会合同で「ELR2017大会」として行われます。会期中は研究発表会はもちろん、シンポジウムや企業展示、エクスカーション(郡上八幡)といった様々なプログラムが行われるようです。特に公開シンポジウムはグリーンインフラをテーマとした内容が予定されているので、とても楽しみにしているところです。  さて、藤田研の学生メンバーも以下のテーマ(仮)で研究発表をします。今回は全員ポスター発表です。 B4枝尾「熊本地震被災地におけるランドスケープに関する研究」 B4倉田「参加体験型農園の効果に関する研究」 M1唐「Eco-DRRの視点から見た多重災害下の都市土地利用評価――熊本県を事例として」 M2馬「団地における農園プロジェクトに関する研究」 D2小林「長崎県対馬における群倉の実態に関する研究」

 修論や卒論へ向けての研究の過程でこのように研究発表の機会があることで一つの目標ができますし、意見交換によって研究をさらに鍛え上げることもできます。またこうした大会が全国で開催されることによって、我々も様々な場所に移動することになりますが、現地で歩き回ったり美味しい食事を食べたりすることは風土について調査研究する機会もある藤田研メンバーにとっては貴重な体験になります。ということで、、、とりあえず今回はみそおでんを食すことを自らに課しております!

小林

Recent Posts

See All

こんにちは、D3の小林です。毎年度4月のはじめに参加している都市計画学会九州支部大会に藤田研のメンバー全員で参加してきました。会場は九州大学西新プラザです。毎年ここで発表すると「また1年が始まるんだな」という気持ちになる大会です。新入生にとっては配属直後の発表ということで大変な部分はありますが、皆積極的に発表しており安心しました。 今回は研究対象地である対馬の中でも下島のさらに南部に対象エリアを限

こんにちは、小林です。 今年度でD3となり、いよいよ最後の一年となりました。論文執筆を始めていますが、正直かなり焦りはあります。これまで調査研究してきたことやその過程で収集したデータを価値あるものとして示すためにも、ここからが一番重要な時期です。集中して執筆を進めていきます。ゼミの中でも議論になることですが、「書くこと=研究すること」なのだと改めて実感しているところです。 研究室には学部、修士、博