top of page

子どもの言動を通した
園外保育環境の発展に関する研究

研究者名:石田 佳織

​保育所・幼稚園・認定こども園での園外保育、お散歩について 、

子どもの興味関心や地域環境について研究を行っています。

石田_藤田研HP研究テーマ2024.6.21.jpeg

子どもの生活環境や地域環境が大きく変化する中、子どもの直接体験の減少や(環境省,1996)、子どもと地域社会との関わりの減少、それゆえの他者や地域に対する関心の低下(文部科学省,2004)が指摘されています。

 こうした中、保育・幼児教育施設(保育園・幼稚園・認定こども園)では散歩などの園外活動は日常的に実施されており、子どもと地域との関わりにおいて重要な役割を果たしています。散歩時の様子を見ていると、子どもたちは地域の様々な環境に興味を持っていることに驚かされます。しかし、地域環境は大人目線での管理性や経済性に基づいて開発されてきました。その結果、地域環境は子どもが興味関心を深め、広げにくくなっているのではないでしょうか?

 こうした疑問から、本研究は始まりました。保育・幼児教育施設での散歩時に子どもが発する言葉や行動から、子どもの興味関心やその環境を捉え、子どもの育ちにとってより良い地域環境の空間設計を考えていきたいと思います。

bottom of page